常識非常識は紙一重な宇陀

私が利用した健康食品は、結の文化が残されているのかもしれませんが、親族同士の結びつきがとても強いようです。家の用事から自営業の仕事に至るまで、何かあると助け合うようです。
例えば、家事を担うお母さんが病気で入院でもすれば親戚の女性が家の仕事を手伝いにくるなどです。
もともと昭和の頃までは、冠婚葬祭において一軒の家の神事もムラの女性の仕事であったそうで、事実上のお手伝いはなくなってもいまでも文化は定着しているようです。
とくに家族間の絆が強いので嫁ぎ先に選ぶ場合には覚悟が必要です。自分も手伝いに駆り出されていくということを考えておく必要があるのです。

健康食品を利用してみて、嫌なところは個人の常識で計り知れないレベルで関与されることです。例えていうなら近所のおばさんが洗濯物を取り込むように促してくるとか。
しかも電話が家に入るのですから、怖いです。電話を取ると、雨が降るから洗濯物を入れなさい。と言われるんですよ。
これは友人から聞いた話ですが、当人も想定外だったそうです。他にも見たことがない人が家に訪ねてきたそうです。配偶者の親族を名乗る親子は病院へ往来するため車に乗せて欲しいと頼んできたそうです。これは対応できないと家族に相談したら、あの家はおかしいから無視していい。他にも危険人物が。。と言うアドバイスをもらったそうです。
l
引用:セラミド サプリ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *